繰り上げ返済にデメリットって?メリットならわかるんですけど…

30代の独身女性です。今度、初めて、マンションを購入予定です。そこで、繰り上げ返済について質問があります。マンションのローンは、なるべく早く返済した方が、総合して支払うお金は少ないと聞きました。ということは、金利の節約のためには、できるだけ早く返済した方がいいということですよね。

でも、繰り上げ返済するのには、デメリットがあるということを聞きました。繰り上げ返済すれば早く返済できるのですから、節約のためにも時間のためにもメリットしかないと思うんですけど・・・?繰り上げ返済のデメリットがあるのならば、教えて欲しいです。

繰り上げ返済のデメリットはバランスが崩れることです

繰り上げ返済とは、マンションなどのローンを、早く返済することですね。確かに、金利が節約できますし、早くマンションをあなたのものにできるのですから、メリットばかりあるように思えます。しかし、繰り上げ返済は、確かにデメリットもあるのです。どんなデメリットがあるのかわかりやすくご紹介します。

ひとつは、繰り上げ返済には手数料がかかることがあるということです。毎月、もともと決められた金額以上に支払うのが繰り上げ返済ですから、ローン会社側も手間がかかるのだそうです。ということで、繰り上げ返済には手数料がかかってしまうことがあるのですね。せっかく早く返済しても、手数料が余計にかかってしまうのでは、デメリットになりかねません。

ただ、繰り上げ返済の手数料と、節約できる金利を天秤にかけた上で、お得になる場合もあります。その場合はメリットと呼べるのかもしれませんが、計算が大変かもしれません。

さらに、繰り上げ返済のデメリットというと、あなたの生活のバランスが崩れてしまうということが挙げられます。そもそも、ローンというのは、一度に払えない高額の商品を、先に手に入れておいて後から金額をゆっくり支払うというものです。ですから、あなたに無理のない範囲でローンの金額は決定されるものです。

それを、無理やり繰り上げ返済してしまえば、あなたの大切な生活費が圧迫されることに他なりません。繰り上げ返済のために貧乏生活になってしまって、貯金が足りず、困ってカードローンを申し込んだ、なんてことになったら、カードローンの方が金利が高いのですから、まったく節約にはなりません。

ですから、繰り上げ返済は、微妙な調節と、徹底したお金の管理が必要であり、それができないのであれば、デメリットが大きくなってしまう、ということになるのです。

繰り上げ返済時の最大のデメリットは手数料

マイホームを購入する際、ほとんどの方が利用する銀行や信用金庫、信販会社が取り扱う住宅ローンには、変動金利型と固定金利型の方式があります。
返済中、余剰資金ができて、それを繰り上げ返済にまわす場合、そのどちらにもメリットとデメリットがあります。
共通のメリットは、繰上げ返済をすることで、繰り上げ返済をすることで利息のかかる元金が減りますから、その住宅ローンで負担する通算の利息総額が減少することは言うまでもありません。

一方、変動金利型、固定金利型それぞれに相反するデメリットがあります。
変動金利型の場合、返済後に市場金利が下落した場合、その利率の下落分だけ相対的に低利で借りられるはずだった分を借りられなかったことになります。
固定金利型の場合は、逆に返済後に市場金利が上昇した場合、その利率の上昇分だけ、相対的にそのときの市場金利よちも低利で借りられるはずだった分を借りなかったことになります。

ただ、これらは先々を予測しがたい市場金利動向によるもので、それぞれの金利が逆に触れたケースは得をしたことになりますから、運不運としか言いようがありません。
それにバブル崩壊以来、4半世紀以上続くゼロ金利時代の昨今、上昇下落といっても、その幅は大きくともコンマパーセント台でしたから、繰上げ返済をしたことで大金を失うわけでもなく、それよりは通算負担金利の減少というメリットにより、大きく体勢を変化させるものではないといえるでしょう。
ただし、繰り上げ返済をする最大のデメリットは繰り上げ返済手数料と、団体生命保険料や保証手数料です。
ローン契約時に、借入総額や返済期間により、それ相応の決められた団体生命保険料と保証手数料を支払っていますが、繰り上げて完済期間が短くなっても、これらは戻ってきません。

また繰り上げ返済手数料では、一回行う毎に数万円を徴収されることになります。
無論、変動型であれば手数料なしという金融機関もありますが、固定型ではその多くが手数料を徴収します。
相場は2から3万円に、今後段階的に値上げされる消費税がかけられます。
この手数料額は、繰り上げ返済する金額によっては、減るはずの通算利息負担額を帳消しにしますので、最低でもそれ以上の額を繰り上げることが肝要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【カードローン】ブラックでも柔軟に審査する金融会社はこちら! All Rights Reserved.