ローンの限度は年収に対してどのくらい?

キャッシングベスト3

年収によって違うローンの限度を推し量る方法を教えてください

心配です!私の年収でも、住宅ローンが組めるものでしょうか?来月結婚することになりました。結婚したら、実家の近くにマンションを購入しようと思っています。でも、私たちの年収では、どの程度のローンを組めるのか不安なのです。やはり、年収によって、限度がありますよね。

それに加えて、私には、銀行のカードローンがあります。数万円程度しか借り入れがないのですが、それでもローンはローンです。それも加えて、限度は考えなければなりませんよね。私は約600万円、妻になる人は約450万円の年収なのですが、ローンの限度はどの程度なのでしょうか・・・。

年収の約3分の1がローンの限度と言われています

住宅ローンでも、車のローンでも、カードローンなどのキャッシングでも、年収によって借りられる限度というものが決まります。ご質問者様の場合、カードローンと住宅ローンの両方を検討しているようですね。まず知っておきたいことは、この2つは、同時に借りられるのかということです。

カードローンも住宅ローンも同時に借りることはできます。ただし、あなたの年収が変わるわけではありません。ということは、やはり、同時に借りられると言っても、限度があるというわけなのです。その限度はどのくらいなのでしょうか。

だいたいの目安として、年収の3分の1くらいがローンの限度だと言われています。ということは、年収600万円のあなたは、200万円までが一年にローンに避ける限度ということですね。結婚する予定の女性も3分の1であることは変わりません。

ただし、住宅ローンはこれから組むのですからともかく、カードローンは、個人で借りたものなのですから、あなたの年収だけに関わるものです。あなたが名義となって住宅ローンもカードローンも組むのであれば、あなたの年収のみで審査されますので注意しましょう。

また、目安は年収の3分の1ということですが、それはあくまでも目安に過ぎません。あなたの生活スタイルによって、ローンに避ける限度は変わるはずです。お子さんのありナシ、趣味にかかる費用の限度によっても、まったく変わってくるはずです。ローンを組むのであれば、あなたの生活費をもう一度洗い出してみる必要があるでしょう。

年収を上昇させればローンの限度額も上昇する

年収を上昇させれば、ローンの限度額も上昇させることが出来るようになります。なぜこのようなことがいえるのかと言うと、キャッシングにおける融資の基準というのは法律によって明確に決定されているからなのです。消費者や金融機関の勝手な言い分でそれらの法律的な決まりを覆すことはできず、仮にそのようなことをしてしまうと行政処分の対象となってしまいます。

そもそも、キャッシングは他の融資のサービスとは全く性質が異なります。基本的に、大手の銀行などが提供しているサービスというのは大型のローンがほとんどです。なぜかと言うと、多額のお金を相手に貸すことが出来ればそこから多くの利益を金融機関は稼ぐことが出来るからなのです。金融機関のこうした利益は、利息というモノによって生まれます。

しかし、多額のお金だけを融資していると自然とその対象は大手の企業などの限定的なものに限られてしまいます。そこで、一般的な個人に対して少額の融資を行うために、借りやすいサービスとして生まれたのが現在のキャッシングなのです。ですので、キャッシングは他の融資と異なって成り立ちから全く違っていると言えるのです。

では、具体的にどのような法律がキャッシングに適用されるのかと言うと、最も大きな違いは融資の枠として設定される上限額がこれからお金を借りる人の年収によって決まることにあります。銀行などが提供している住宅ローンなどでは、自身が稼いでいる年収よりも遥かに大きなお金を借りることもできますので、これは大きな違いと言えます。

年収に対して上限を設定するのは、あくまでも消費者を保護して安全な融資の契約をすることができるようにするためです。キャッシングでは年収の三分の一までしか融資を行うことができませんので、これが自然と上限になります。しかし、当然この範囲は本人次第によって変える事ができますので、年収が上昇すれば融資をする金額も上昇することになるわけです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【カードローン】ブラックでも柔軟に審査する金融会社はこちら! All Rights Reserved.