ローンの審査に通らない原因を知る方法はありますか?

20代の会社員です。急な飲み会などの出費が続いて、お財布がピンチになってしまいました!困ったので、いつも使っている都市銀行にカードローン申し込みしました。

ところが、審査に通らなかったのです。審査に通らない原因がわかりません。アルバイトでもなく正社員なのですが、なぜ審査に通らないのか?もしかして、去年転職したことが悪かったのでしょうか。カードローンの審査に通らないワケを知る方法はありますか。

ローンの審査に通らない原因は予想しかできません

銀行のカードローンの審査に通らないと、落ち込んでしまいますよね。カードローンの審査に落ちただけなのに、人格まで否定されたような気分になってしまう人もいるみたいです。それだけ落ち込むということですね。

これほどまでに落ち込んでしまうのですから、審査に通らない原因を知りたいところです。しかし、残念ながら、審査のポイントや通らない原因などは、銀行に聞いても教えてくれません。自分のことなのになんで?!と思ってしまうかもしれませんが、どんな人でも、審査の落ちた理由は答えられないということになっているのです。

ですが、あなたが審査に通らないワケを予想することはできます。たとえば、あなたが転職したということ。それは、審査に響きます。カードローンの審査では、あなたが信用できるかどうかを見ます。しっかり収入があるかどうか、延滞はしていないか、事故情報はないか、などを見るのです。それには、同じ会社でできるかぎり長く働いていた方がよいのです。信頼も生まれますし、収入も自然と上がってくる可能性があるからです。

ですから、カードローンの審査は、転職して2・3年は経ってから申し込んだ方が有利だと言われています。

また、銀行のカードローンというところも、審査を厳しくするポイントです。銀行は、消費者金融に比べて、お客さんがたくさんあると言われています。ですから、ライバルが多いので、同じ条件でも審査に通らない可能性が上がる、と言われているのです。

いずれにしても、予想でしかありませんが、とにかく、審査に通らない原因は、あなたの信頼度に関わるということは確かなようですよ。

カードローンの審査に通らない理由を理解する

カードローンの審査に通らない理由をきちんと理解しておくことは非常に大切なことです。基本的に、カードローンの審査基準というのはどこの会社でも同じようなものになっていますので、その基準を知っておくだけでどこの会社でローンを申請しても審査に通るようになっているのです。原因を知れば簡単に対策を打てると言う事を忘れてはいけません。

では、具体的にこうした融資ではどのような基準によってお金を貸してくれるようになるのかと言うと、最も大切なことに所得の存在があります。カードローンのような少額融資のサービスでは所得も多く稼いでいる必要はありませんが、それでも一定範囲のお金を稼いでおく必要があるのです。これは法律上でも明らかなことだと言えます。

キャッシングは他の融資のサービスと性質が異なっていますので、適用される法律や規制にも違いが生じているのです。この違いによって融資を受けるときの基準が特殊なものになっているので知っておくことが賢明です。こうした少額融資のサービスにのみ適用される特別な法律の事を総量規制と言います。

総量規制というのは、本来融資の枠を制限するための規制です。消費者は無理なお金の借入をしてしまうと多重債務に陥ってしまう可能性があるので、こうした危険性を排除するために総量規制という規制によって、融資の枠に制限を設けたわけです。この融資の枠がそのままローンの条件として当てはまることになります。

総量規制は、これからお金を借りる消費者の収入によって融資の枠を制限する事を言います。所得に関して融資の枠を決定しますので、融資を受け取るためには上限額を設定するために必ず収入が存在している必要があるのです。同じ理由で、カードローンなどもこのようにして上限が決定されます。

ですので、お金を借りたくて融資の基準に合わなかった人は、まずほんの少しでも良いので収入を得ている必要があります。それだけでお金を借りることが出来るようになるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【カードローン】ブラックでも柔軟に審査する金融会社はこちら! All Rights Reserved.